オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知人のHSBC香港口座が凍結、強制閉鎖されました

コアメンバーには具体的にお話しましたが、JACKの知人のHSBC香港口座が凍結強制閉鎖されました。

 

何度かHSBCから電話がかかってきていたようですが「英語が話せない」という理由から受話せず、レターすらもよく見ていなかったので自業自得とも言えますね。

 

日本の常識やルールは全く通用しませんので強制解約された後に窓口で行員を怒鳴り散らしても全く解決しないどころか、そんな事をすれば現地の警察に連行されてしまいます。この知人は数百万円のお金を預けていたようですがどうなるのでしょうか。。

 

HSBC香港など海外銀行の口座開設は今でも簡単にできますが、口座維持は難しいという事をよく理解しておいて下さいね。

 

半年以上全く口座を触っていない人は凍結リスクがありますので、定期的に入出金くらいはするようにしましょう。ネットバンキングを全く触っていない人も要注意ですよ。

 

最近はHSBC香港が口座保持者に対してランダムに電話をかけてくるとも聞いた事があります。もし電話がかかってくれば拒否する事のないよう電話に出る事をお勧めします。拒否が続くと凍結されてしまう事がありますよ。

 

英語が話せないので電話に出たくない」という人は少しは英語の勉強をしましょう。そもそも海外の銀行口座を持っているのですから最低限の英語力はつけた方がいいと思います。例えば皆さんが三井住友銀行の行員だったとして、口座を開設しに来た中国人が全く日本語を理解できなかったら「お引き取り下さい」と言いますよね?よほど多額の資金を預けてくれる人なら専属の通訳を付けるなどして対応するかもしれませんが、ほとんど預金もせずに口座内の資金も動かさず言葉も喋れないとくればHSBCとしてもそんな人の口座は閉鎖したいと思っているでしょう。

 

JACKが現地の人たちに確認したHSBC香港の最近情報は先日コアメンバーにお伝えした通りです。この知人のような目に遭わないように口座を維持する為の努力というか、当たり前の事を当たり前にやっていきましょうね。

 

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い