オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新築・築浅ワンルームマンションを買う時は業者の説明を鵜呑みにせず自分で徹底的にデューデリジェンス

20151124-00000001-corp_ccdn-000-1-view

新築・築浅の投資用ワンルームマンションを購入を検討している方からよくお問い合わせや相談を頂きます。

 

検討されている方には「業者から提示されるシミュレーションや説明を鵜呑みにせず、自分で物件近隣の同じようなワンルームマンションを探してその物件が築数年で売買流通価格がどのくらいになっているか。賃料は幾らまで下がっているのか」を徹底的にデューデリジェンスするようにとアドバイスしています。土地勘がなく分からない場合はJACKが分かる範囲で調べて報告させてもらっています。

 

基本業者は「メリット」しか説明しません。キャッシュフローのシミュレーションも30年、35年後も新築時と同じ賃料で計算しているようですがお客様を小馬鹿にしていますね。関西圏のワンルームマンションでしたら築10年で物件価格は約30〜40%は落ちますし、賃料も30%近くは下がります。月々の管理費や修繕積立金も値上げするでしょうから当初のキャッシュフローは大きく狂ってしまい、1部屋だけならまだいいですが業者の口車に乗せられて2部屋3部屋購入してしまった人は債務整理も視野に入ってくる可能性があります。

 

JACKは逆にここを狙って物件購入しています。築10年ほどで半値近くまで下がったマンションを購入して安定したプラスのキャッシュフローを狙う方が賢明だと思いますよ。

 

新築や築浅物件を大手ディベロッパーや販売会社から購入すると借入金利は1%台前半を提示され、自己資金無しで不動産を買えるので「私も投資家デビューかしら!?」と勘違いして1部屋2部屋買ってしまう人が多いようですが、それは大きな勘違いです。

 

築10年くらいの物件を購入しておけば多少キャッシュフローが赤字になったとしてもたかが知れていますし、持ち出し分は生命保険料と思えば安いものですが、新築はキャッシュフローの赤字幅が大きくそれなら普通に生命保険に入った方がマシという事になります。

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い