RL360°の途中譲渡案件が入りました。新規契約よりも間違いなく途中譲渡案件がお勧めです

RL360°の途中譲渡案件が入りましたのでここでも紹介させて頂きます。

 

オフショア積立商品をこれから新規で契約しようと検討されている方は、ちょっと立ち止まって途中譲渡案件に目を向けてみて下さい。いまJACKが何も契約していない状態であれば新規契約ではなく途中譲渡案件を購入します

 

オフショア金融商品をセミナー等で紹介している人たちは絶対に途中譲渡案件の話はしませんし、勧める事もありません。この理由は単純明快でして「途中譲渡案件を紹介してもコミッションが1円も貰えないから」です。そもそも途中譲渡案件があるという事自体を知らないという無知な紹介者もいるかもしれませんが、自分にコミッションが入らないのであれば紹介する必要がないと思っているのでどんなに有益な情報であろうとお客様に話をしないのでしょう。

 

結局はどんなに綺麗事を言ってても、自分に入ってくるコミッションの事しか考えてない紹介者が多いんですね。途中譲渡案件は実際の資産残高よりも安く購入できますし、初期口座期間(強制積立期間)が終わっている物がほとんどですので、契約者にとってデメリットは何もなくメリットしかありません。

 

譲渡したい側からしても、解約するよりは多くのお金が手元に残るという意味でメリットがあります。途中譲渡案件は売主買主双方にとってまさにWinWinの取引なのです。

 

今回入ってきたRL360°の途中譲渡案件はまだ初期口座期間の途中です。よって譲渡希望価格もかなり低く抑えれると思いますので気になる方は直接お問い合わせくださいませ。

 

おおまかな案件の内容については以下の通りです。希望者は直接繋ぎますのでご検討くださいませ。

 

プロバイダー;RL360°

プラン;Quantum

初期口座資産;28,500USD(5/1時点)

貯蓄口座資産;0

契約始期;2010年8月

契約年数;25年(残存24年)*初期口座期間残1年

毎月積立金額;2,000USD

IFA;お問い合わせください

譲渡希望価格;お問い合わせください

 

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

 COMMENT

関連記事

オフショア長期積立はどんな状況でもコツコツ続ける

JACKのオフショア生保積立商品を譲り受ける人はいませんか?

海外の死亡保障付養老型保険商品は色々なプランやオプションがあって楽しいですね

オフショア積立の支払を止めても以降の請求はされない

積立金の一時停止は再開時期を最初に決めないと受付できないと言うIFAに要注意

インベスターズトラストS&P500プランの売り物