20代の若者が絶対に買ってはいけない、契約してはいけないもの

20代の若者は、これからの人生で多くの選択肢に直面することになります。

 

特にお金の管理や投資に関しては、慎重に考える必要があります。

 

 

今回は、絶対に買ってはいけない、

契約してはいけないものについて掘り下げていきます。

 

 

1. 海外長期積立(オフショア投資)

主にロイヤルロンドン(RL360)、メティス香港

海外長期積立、特にロイヤルロンドン(RL360)やメティス香港といったオフショア投資商品には多くのデメリットが存在します。

 

デメリット

①高い手数料

これらの積立商品は、手数料が非常に高く設定されており、長期間にわたって多額の費用を支払うことになります。これにより、実際のリターンは期待よりも遥かに低くなる可能性があります。

 

②流動性の欠如

途中解約する場合には高額なペナルティが発生します。

 

③運用利回りの低さ

平均運用利回りはインデックス投資以下。

手数料負担が大きいので、資産が増えているという実感が全く持てません。

 

 

さらに、これらの商品を紹介する悪徳紹介者が存在します。

 

彼らは、高額なコミッションを得るために、

無知な若者に対してこれらの商品を積極的に勧めてきます。

 

 

紹介者の話を鵜呑みにせず、

しっかりと調査し、自分自身で判断することが重要です。

 

 

2. 投資用ワンルームマンション(新築区分ワンルームマンション)

新築区分ワンルームマンションの投資も、若者にとって避けるべき投資の一つです。

 

 

大手新聞に掲載される不動産投資セミナーや、

ポイントサイトで高ポイントを付与するセミナーに誘われることが多いですが、

 

これらには大きな罠が潜んでいます。

 

 

デメリット

高額な初期費用とローン

新築ワンルームマンションは初期費用が高く、ローンを組むことが一般的です。ローン返済が重荷となり、他の重要な出費を圧迫する可能性があります。

 

低い利回り

実際の利回りは広告で謳われるものよりも遥かに低いことが多く、期待した収益を得ることは難しいです。

 

資産価値の下落

新築マンションは購入直後から価値が下落する傾向があり、転売時には大きな損失を被ることがあります。

 

 

セミナーや個人懇談を通じての勧誘には注意が必要です。

 

これらの場では、甘い言葉で投資のメリットばかりが強調され、

リスクについてはほとんど触れられません。

 

 

若いうちにこのような投資に手を出すと、

自己破産のリスクが高まり、人生を大きく狂わせることになります。

 

 

結論

インフレと円安が進行する中で、単に円を稼ぐだけではなく、

 

外貨収入を得ること、

外貨資産を形成すること、

そして複数の収入源を持つことがますます重要になります。

 

 

これらの対策を講じることで、

経済的な安定を確保し、将来のリスクに備えることができます。

 

ぜひ、今から実行に移し、より良い経済的未来を築いていきましょう。

 

 

外貨収入や外貨資産形成、日本円を稼ぐ副業などに興味関心があれば、

ぜひコアメンバーにお越しください📩

 

 

コアメンバーの詳しい情報はこちらからどうぞ。

 

 

関連記事

年収にこだわるより時給にこだわった方が豊かな人生が送れますよという話

NO IMAGE

無駄を減らすために国内保険の見直しは必須。相談相手は?

GW如何お過ごしでしょうか。JACKは日本を離れてsightseeing&bus...

新年明けましておめでとうございます

現預金を減らし、投資で未来を築く方法

いよいよ日本でもスタグフレーションが始まる