ビットコインの未来は暗い

ビットコインをはじめとする暗号資産が注目を集めていますが、

その未来は決して明るくありません

 

ビットコインが現代社会にとって何ら有用性を持たず、

むしろ詐欺師やアングラマネーの温床となっている現状を考えると、

 

暗号資産がなくなれば世の中から詐欺が減るとも言えます。

 

 

最近の事例として、

DMMでビットコインが482億円も盗まれるという事件が発生しました。

 

 

これからは銀行(法定通貨)から仮想通貨の時代だと叫ぶ人も多いですが、

取引所から数百億円の大金が頻繁に盗まれるようでは、安心して取引できません。

 

 

暗号通貨流出事件

メガバンクの口座からいきなり数百億円が消える

などということはあり得ないのに、

 

暗号資産取引所ではこのような事件が後を絶ちません。

 

 

暗号資産取引所の杜撰な管理が原因であることは明白です。

 

 

コインチェックの巨額流出後に制定された改正資金決済法施行後

にもかかわらず、同じような流出事件が発生しています。

 

 

ビットコインの信頼性と将来性

ビットコイン信者は、

 

自らビットコインを使って生活しているわけでもないのに、

強い崇拝信だけでその価値が上がると信じています

 

 

ビットコインの価値は将来的に無価値になる可能性が高いと考えます。

 

 

 

ビットコイン自体、

実際の通貨や資産のように何か具体的な価値を生み出すものではなく、

 

価格の変動が激しいため、現時点で投機の対象としかなっていません。

 

 

さらに、ビットコインは日常生活での利用がほとんど進んでおらず

取引手数料の高さや処理速度の遅さといった技術的な問題も多く存在します。

 

 

そのため、

ビットコインが現代社会において本当に役立つ存在であるとは言えません。

 

 

現状では、一部の投資家や詐欺師、違法な資金移動の手段として

利用されているに過ぎないのです。

 

 

結論

暗号資産の未来は非常に暗く、

ビットコインが現代社会において有用性を持たないだけでなく、

 

詐欺や不正の温床となっている現状を鑑みると、

暗号資産がなくなれば詐欺も減ると考えられます。

 

 

暗号資産の世界にはまだ多くの問題があり、

その未来は決して明るいものではありません。

 

 

ビットコインの未来は、信者たちの期待とは裏腹に、

その価値が無価値になる日が来るかもしれません。

 

 

今こそ、暗号資産に対する過度な期待を捨て、現実を直視する時期です。

 

 

関連記事

【予想的中】ビットコイン価格が700万円を突破

暗号通貨市場への投資はまだまだこれから。でも大半の既存通貨は淘汰される

暗号資産は長い冬の時代へ

ビットコインマイニングをやるなら今しかないけど投資案件は絶対やらない

大半の仮想通貨はもうオワコン

ビットコイン価格が180万円を突破