オフショア金融商品の証券はきちんと管理・保管していますか

オフショア積立商品の譲渡もしくはIFA移管の際に保険証券をご準備して頂く事になるのですが、改めてタンスの中を探してみると見当たらないという方もいらっしゃいます。

 

保険証券とは海外旅行でいうパスポートと同じくらい重要なもので、それが無いという事になると譲渡はおろか、本人に万が一の事があった際の手続きも引き出しも解約も一切何もできません。本人が亡くなった後に証券が無いという事が発覚すると、再発行までにかなりの年月と手間がかかることを覚悟しておかなくてはなりません。

 

ぜひ今のうちに証券が手元にあるかどうかの確認をしておく事をお勧めします。

 

契約後に保険会社から送られてきたファイルがあると思います。その中に多くの書面が入っていますが、保険証券は通常「Policy Schedule」もしくは「Contract Schedule」と書面上部に比較的大きな字で書かれてあります。保険会社によって微妙に違ったりもしますので書面があるかどうか不安な方は一度契約しているIFAにもお問い合わせ下さい。JACKで分かる事であれば質問にも回答致します。

 

証券が手元に無くどこを探しても見当たらないという方は、IFAに対して証券紛失に関する手続きを行い、「完了確認書」をフレンズに発行してもらえば証券の代わりとして利用する事ができます。紛失された方は速やかに申請をして下さい。

 

こういった急を要する時にIFAと連絡が取りにくいというのは致命傷です。ご不安な方はIFA移管した上で新たなIFAに対して再発行手続きを依頼しましょう。

 COMMENT

関連記事

JACKが期待している将来の妄想

個人的な考えですが今後長期積立1本で満足いく資産形成をするのは無理。養老保険や確...

フレンズプロビデント積立プラン途中譲渡案件が一つあります

円高は外貨資産形成の絶好のチャンス。英国がEU離脱すれば90円台突入なのでJAC...

NO IMAGE

インベスターズのエボ○○は年10%で安定運用できるという嘘

香港在住の日本人がRL360°ロイヤルロンドンをしつこく紹介してくるという相談