オフショア長期積立を継続すべき人、解約すべき人

コロナ禍で、オフショア長期積立の継続に悩んでいる人も多いかと思います。

 

 

JACKの元にも毎日たくさんの相談が届いていますが、

相談者の大半は・・

 

ここ1年以内に契約した人

 

がほとんど。

 

 

 

しかも、話を聞いてみると、

 

積立はいつでも減額・停止できると言われた

2年間は積立を頑張って停止するつもり

運用利回りは毎年8%以上と言われた

 

など、悪徳紹介者トークのオンパレード (°_°)

 

 

残念ながら、こういうタイプは全員解約すべきです。

 

 

そのまま継続していてもお金の無駄であり、

紹介者と保険会社を喜ばせるだけですよ。

 

 

 

2年以内の解約は積立金の全損ですが、

それでもいいから解約した方が自分のためです。

 

 

痛い勉強代だったと思い、

紹介者とは縁を切って前に進みましょう。

 

オフショア長期積立を継続すべき人は?

では逆に継続すべきケースはというと、

 

すでに契約から2年以上が経過していて、

積立金の減額や停止をせずに、満期まで継続できる人

です。

 

 

 

契約者全体からすると非常にレアなケースだと思いますが、

 

オフショア長期積立のリスクや手数料も理解した上で、

最後まで積立を継続するというなら続けてください。

 

 

 

運用成績にバラツキはありますが、

 

ドルコスト平均法の効果もあるので、

ある程度の外貨資産が形成できるでしょう。

 

 

 

最初だけ高額な支払を行い、3年目から最低保険料に減額して継続

というのも効果は薄いです。

 

 

 

契約後2年間の保険料で紹介者の報酬が決まるので、

これだと紹介者に十分なコミッションを献上しているだけですよ。

 

 

 

まとめると、

オフショア長期積立商品を今から契約する

というのはお勧めしません。

 

 

誰かに誘われたら、

このブログ記事もよく読んで検討してみてください。

 

コロナ禍を材料にし、 「将来の年金不安のために海外積立投資を始めましょう」 という勧誘が、友人知人の間で活発に行われ...

関連記事

Skype相談もメール相談もたくさん頂いてますが対処が遅れてすみません

I社のプランはIFAを変えて継続

フレンズプロビデント101型積立の途中譲渡案件が入りました

NO IMAGE

海外積立投資の基礎知識をおさらい

オフショア金融商品のセミナー後すぐ契約を迫ったり煽るような人間は相手にしてはいけ...

海外投資で損益通算・繰越控除はできない