オフショア積立の悪徳紹介者はすぐ逆切れする

日本国内でオフショア長期積立を勧誘している人間の大半は悪徳紹介者

 

お客さんの資産が増えようと減ろうと関係なし

 

 

誰にでも25年や30年支払を勧め

ボーナスという「絵に描いた餅」を必死で案内

 

 

ボーナスというのは、手数料の先付けなので

結局、あとから保険会社に持っていかれます。

 

 

つまり、ボーナスなんてのはどうてもいい話であって、

支払期間は、10年とか15年くらいでもいいんですよ。

 

 

誰にでも25年や30年支払を勧める理由は

自分が手にする「紹介コミッションが高いから」

 

これだけなんですね。

 

 

 

そんな悪徳紹介者ですが、

「煮え切らない客」がいたら逆切れします。

 

 

高圧的な態度で、契約を迫ってくるような感じ。

 

まるで投資ワンルームマンションの営業マンのようです。

 

・私に対して不信感を抱いているのか!

・私がここまで言ってるのに何故理解できないんだ!

・この勉強会に来ても理解できないならやめるか?

 

何様のつもりでしょうか?

 

 

高圧的な物言いをするということは、

その商品に価値がないと言ってるようなものです。

 

価値が無いと分かっているから、強引に契約させたいのかもしれません。

 

 

とにかく、こういう逆切れをするような連中は、

紹介手数料目当ての悪徳紹介者と思って間違いないので無視しましょう。

 

 

 

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

その投資を始めた目的は何ですか?

合同会社を名乗る詐欺師やFPに騙される被害者

香港の某IFAが積極的に紹介、販売していた私募ファンドの配当が止まって破綻間近と...

RL360°(ロイヤルロンドン)の長期積立を契約しても1億円の資産形成はできない...

投資用不動産を買ったら買取業者からの電話営業に気をつけましょう

オフショア積立のボーナス付与分と運用を混合してはいけません