オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

詐欺案件もゆく年くる年・・今年もマネーリテラシーが低い方が詐欺師の餌食になるでしょう

2016年は詐欺案件破綻が非常に多かった1年だったと思います。

 

マカオカジノジャンケット案件を筆頭に海外ファンド海外不動産ファンド海外定期預金質屋金鉱山私募FXなどなど・・・枚挙に暇がありません。

 

特にマカオカジノジャンケット案件については多くの被害者からブログを通じて相談を受けました。コアメンバーの中にもこの案件の被害者がいますのでJACKも詳細はある程度把握しています。

 

要は運営側が使い込んで終了した、途中からは運用の実体が全くなく運営側が別の投資案件に資金流用して全て溶かしたという詐欺案件としては典型的な終わりを迎えた訳です。

 

詐欺案件に騙されるというのは詐欺師だけに一方的に責任があるわけではなく、有りもしない案件と高利回りを信じ、欲に目が眩んで正常な判断をせずに投資してしまった被害者にも一定の落ち度があります。要はマネーリテラシーが低すぎるから騙されてしまったんですね。

 

前にも話しましたがJACKも過去に投資詐欺に騙されています。その時は自分のマネーリテラシーの低さを実感し猛省して二度と私募投資案件(金融機関以外が組成している投資案件)には投資しないと堅く誓い、今日まで堅実に資産を積み上げてきました。

 

去年投資詐欺案件に騙されてしまった方は、自らのマネーリテラシーの低さを猛省し私募投資案件には二度と投資しないようにしましょう。例え信頼できる友人、上司、親族が話を持ってきた案件でも私募であればそれは詐欺と思って間違いありません。

 

もう一度言います。

 

堅実に資産を積み上げていきたいのであれば、金融機関以外が組成する私募投資案件には絶対に投資しないようにしましょう

 

投資詐欺案件に2回以上騙されるのはアホです。上手い投資話などはこの世に絶対ありませんので十分肝に銘じておきましょうね。

 

去年の中頃からは仮想通貨案件ビットコイン関連案件と称して投資を募っている私募投資詐欺予備軍が多いと聞きます。これらは数年、数カ月以内に必ず破綻しますので既に投資してしまった人は早めに解約して資金を回収しておきましょう。

 

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

 

Facebook始めました。お友達募集中

 

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

プライバシーポリシー