投資資金が消えて無くなっても貴方の生活に支障はありませんか?

 

お金を粗末に扱う人が多いと感じています。

 

投資でお金を増やしたいという気持ちは分かりますが、

資金の少ないうちから、私募投資や海外投資案件に手を出すべきではありません

 

 

 

JACKの投資仲間にも、バングラデシュ案件や、海外私募案件に投資している人はいますが、

 

 

基本的に皆さん、

 

『そのお金が、もし消えて無くなったとしても何ら支障はない』

 

人ばかりであって、リスクを十分に理解した上でお金を入れています。

 

 

上手くいったらラッキー、もし0になっても仕方ないよね

と、割り切りができているんですね。

 

 

ですが、他の大半の投資家は違う。

 

 

 

いま現在バングラデシュ不動産や海外FX、ICO・・

 

その他、投資セミナーで勧誘された国内外の私募案件に参加している人というのは、

 

 

余裕資金がまだ少なく、この投資で絶対お金を増やせれると勘違いした

投資家ならぬ、凍死家がほとんどです。

 

 

マネーリテラシーが低く、取捨選択もできない人たちですね。

 

 

 

投資資金が少ないのであれば、副業やビジネスで増やすべきであって、

リスクの高い投資案件を選ぶべきではありません。

 

 

 

そういう案件に投資しても良いのは、

投資資金が全て吹き飛んでも、生活に全く支障のない富裕層のみ

 

宝くじ感覚で遊びですよ。

 

 

期待しすぎると、消滅した時のショックが大きくなり、

これが原因で家庭崩壊、一家離散、最悪自殺した人もいます。

 

 

「お金のセミナー」「海外投資セミナー」「キャッシュフローゲーム大会」

「オフショア投資セミナー」「バングラデシュ不動産投資セミナー」

 

まだ余裕資金が少なく、投資資金が吹き飛ぶと困るというのであれば、

周りの友人知人から、こういうセミナーに誘われてもキッパリと断りましょう。

 

関連記事

仕事ができるできないはレスポンスの速さである程度分かる

投資詐欺に騙されたらまず反省してメンターを見つける

詐欺案件に騙されたという現実を早く受け止めて猛省し次に進んだ方がいい

年金受給開始年齢を70歳からとするべく厚生労働省内でも論議が繰り広げられているよ...

ブログ読者の方と懇談しました。聞いた事はすぐに実践して結果を出していって下さいね

カネの価値が下がるので資産性の高いモノに換えていこう