新社会人のための金融リテラシー向上ガイド

新社会人として社会に出る皆さんは、

 

これからの人生で直面するであろう金融の誘惑や罠について、

正しい知識を身につけてもらう必要があります。

 

以下のポイントを押さえて、自己防衛するための準備をしましょう。

 

 

1. 生命保険の営業には注意!

社会人になると、

生命保険の営業担当者(生保レディ)が会社を訪れることがあります。

 

彼らは非常に巧みな営業テクニックを持っており、

 

まるで保険がなければ不安な未来が待っているかのように

感じさせることがあります。

 

ここで大切なのは

冷静に自分に本当に必要な保険を選ぶことです。

 

 

特に若いうちは、過剰な保険は必要ありません

 

必要最低限の健康保険や、国の提供する保険で十分なことが多いです。

 

 

2. 死亡保険は結婚するまで不要

単身の新社会人に死亡保険は必要ありません

 

家族を持つようになったとき、初めて死亡保険の加入を検討しましょう。

 

 

それまでは自分のスキルアップや健康維持に資金を使うことが、

将来の大きな安心につながります。

 

 

3. 自己投資を優先しよう

保険や積立投資も重要ですが、

若いうちは「自分」という資本に投資することが最も効果的です。

 

自己啓発、スキルアップのための教育や健康の維持、

趣味や交友関係の充実に時間とお金を使いましょう。

 

 

これらは将来の自分自身の市場価値を高め、

収入を増やすために直接役立ちます。

 

 

4. 友人・知人からの「儲け話」には慎重に

「確実に儲かる」と言われる投資話や、

友人・知人からのセミナーへの勧誘には注意が必要です。

 

こういった話には確実に裏があり、高いリスクを伴います。

 

投資は自分でしっかりとリサーチし、

理解できるものにのみ手を出しましょう。

 

 

不明瞭な点があれば、投資仲間や友人に相談することが賢明です。

 

 

5. 投資用ワンルームマンションはリスクが高い

投資用ワンルームマンションの購入は非常にリスクが高く、

場合によっては自己破産に至ることもあります。

 

 

不動産投資はその市場の波が大きく、

初心者が手を出すには適していません。

 

まずは自分の経済力をしっかりと築いてから、

リスク管理を学んでから不動産投資を検討しましょう。

 

 

まとめ

新社会人として迎えるこの時期は、多くの誘惑や選択があるため、

金融リテラシーを身につけることが非常に重要です。

 

上記のポイントを参考に、

自分の未来を守るための選択をしてください。

 

 

安全で豊かな未来のために、今からしっかりとした準備を始めましょう。

 

 

関連記事

PCとスマホから距離をおく時間は非常に大切だと感じた今年の夏季休暇

万が一の為の保険よりも日々の健康管理と予防を意識する事が何倍も大事

JACKの年末年始休暇は長い?来年は更に1週間早く休みを取ろうと思ってます

GW如何お過ごしでしょうか。JACKは日本を離れてsightseeing&bus...

自分で行動しないと何も変えれない

ハイパーインフレや国家破綻は僕らが生きてる間は起こりませんので悪徳紹介者に騙され...