香港で銀行口座を開設するメリット

資産分散の必要性

資産分散は、リスク管理の基本的な戦略です。

 

日本が抱える様々なリスクを考えたときに、

日本以外の場所に資産を分散させることが推奨されます。

 

 

香港はその国際的な金融市場としての地位、安定した経済など

資産を分散させるには最適な場所の一つとされています。

 

 

また、多種多様な金融商品へのアクセスも可能で、

投資の選択肢を広げることができます。

 

 

日本が万が一デフォルトした際のリスクヘッジ

日本の経済状況が不透明な中、

 

政府の財政難や、デフォルトのリスクから自己資産を守るためには、

国外に口座を持つことが一つの解決策です。

 

 

香港は世界的に認められた金融センターであり、

そのような状況でも安定してサービスを提供することが期待されます。

 

さらに、香港ドルはアメリカドルとペッグされているため、

相対的な安定性を保ちやすいです。

 

 

ハイパーインフレや資産税対策

ハイパーインフレ資産税のリスクは、個人資産にとって大きな脅威です。

 

日本は今後ますますの重税化、社会保険料負担も増え続けていきます。

 

 

このため、インフレや重課税のリスクから逃れるために、

香港での口座開設が一つの選択肢だと言えます。

 

 

口座開設のプロセス

香港での銀行口座開設は、本人確認書類や住所証明書類が必要です。

 

オンライン開設は不可ですので、必ず香港に渡航する必要があります。

 

 

信頼できるパートナー企業の紹介もできますので、

口座開設にご興味ある方はお問い合わせください。

 

 

まとめ

香港での銀行口座開設は、

 

国際的な資産分散、リスクヘッジ、税対策の観点から

多くのメリットを提供します。

 

 

安定した経済環境と低税率を活かして、

個人の資産を守る重要なステップとなるでしょう。

 

 

 

いまや、海外での口座開設は容易ではありません

 

フィリピンやカンボジアなど、

アジア新興国・後進国での口座開設を勧めるブローカーや個人も多いですが、

 

その大半は詐欺と言われています。

オウンバンク、アジアンバンクなど

 

 

 

先進国や世界の金融都市の中で、誰でも口座開設できるのは

香港しか残されていません。

 

この機会に、検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

関連記事

海外銀行口座を持っておく理由とは

HSBC香港口座の有料アフターサポートは必要ありません

今月もコアメンバーのHSBC香港口座開設は全員が成功しました

HSBC香港の投資口座で買えるファンドの中に魅力的なものが幾つかある

新しいiPhoneへHSBC香港のアプリ移行する際にはご注意下さい

年末にかけてHSBC香港口座開設希望の方が多いですね