死亡保障すらも運用で増えていくオフショア生命保険商品

日本国内の保険会社で死亡保険商品を契約した場合、

死亡保険金額は、契約時からずっと変わりません

 

 

1000万円で契約したら、

来月亡くなっても、30年後に亡くなっても受け取れるのは1000万円。

 

これが日本の常識。

 

 

 

試しに「オリックス生命の終身保険ライズ」という商品で試算してみました。

 

シミュレーションは、公式サイトから簡単に作成することができます。

 

【38歳男性 死亡保障1,000万円 払込10年】

毎月の支払保険料68,300円

 

年数が経てば解約返戻金も増えるようですが、

グラフで見る限り、30年後で120%くらいです。

 

 

つまりこの商品の場合は、

30年後に死亡した場合の死亡保険金 1,000万円(変わってねー!)

30年後に解約した場合の解約返戻金 約960万円(ほとんど増えてねー!)

 

 

 

対してオフショア生命保険商品はどうでしょうか

 

【38歳男性 死亡保障10万ドル(約1,070万円) 払込10年】

毎月の支払保険料 384ドル(約41,000円)この時点で日本より支払額が少ない・・

 

30年後に死亡した場合の死亡保険金 251,000ドル(約2,680万円)

30年後に解約した場合の解約返戻金 144,000ドル(約1,540万円)

 

死亡保険金は契約時から2.6倍に増え、

解約返戻金は、保険料支払額から3.1倍になっています。

 

 

 

これだけ差があると、日本の保険業界にいる人たちが

「こっそり」自分と家族の分だけ契約してるのも分かりますよね。

 

 

そんな数字は机上の空論だと思う人は、そう思っておけばいい。

 

 

保険に限らず、投資全般に言えることですが・・

 

知ってる人だけが得をする

 

とはこういうことです。

 

 

ただ、悲しきかな、

オフショア保険の正しい情報というのは、ほとんど広まってません

 

 

日本国内でセミナーしている人もいないですし、ネットでも情報がほとんどない。

 

RL360積立を契約させた方が、カネになりますからね〜。

 

 

時間をかければこのくらいの差になる、というのだけ覚えておいて下さい。

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

海外投資の入口は誰でも買える投資信託から始めればいい

日本の某生命保険商品と海外の某生命保険商品を比較してみたらこんなに違ってた②

3月までに香港行って新たな金融商品を契約しましょかね〜

外の情報は自分で掴みにいかないと向こうからは教えてくれない

オフショア長期積立商品のIFA選びに大切な3つのこと

高いレベルで質の高い情報を複数仕入れてシェア