非常に面白い海外金融商品が登場。当然ですが金融機関が販売する商品です

海外の某金融機関が販売する商品で、非常に興味深いものが登場しました。

 

契約を前向きに検討しています。

 

 

日本の商品にはない資産形成のスピードと、商品に多様性と柔軟性があります。

 

 

海外金融商品と言えばRL360(ロイヤルロンドン)しか知らないという人が多いのですが

 

 

もっと広い視野を持って情報を集めた方がいいですよ。

 

 

FPに相談に行っても、成約コミッションが安い商品の情報は教えてくれませんからね。

 

 

6,7年前は海外金融商品や保険会社についての情報がまだ広く出回っていなかったので、

 

 

訳も分からず海外積立商品(当時はフレンズプロビデント・スタンダードライフ・ハンサード等)を25年で契約してしまう人が多かったのですが、

 

 

ある程度正しい情報や選択肢が広がってきた今は違います。

 

 

投資セミナーやFPからRL360の話を聞いただけで契約するなど情報弱者の極みです。

 

 

数ある商品の中からベストな選択をすること

 

 

HSBC香港で買えるファンドは、全部で800以上もあるのですから、

 

ベストなものを探すのは難しいですよね。

 

 

オフショア生命保険や、積立商品の中だと選択肢は多くないので、

 

ベストな商品を見つけるのはそれほど難しい事ではありません。

 

 

投資セミナーで海外金融商品の話が出てきた時は、

 

 

「必ずもっと他にも選択肢があるはずだ」と話を疑うようにしましょう。

 

 

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

日本の生命保険商品と海外の生命保険商品はそもそも予定利率が全然違う

日本人が海外で契約できる保険商品の門が徐々に閉まってきてますねえ

海外の死亡保障付養老型保険商品は色々なプランやオプションがあって楽しいですね

日本の金融機関で学資保険を契約している親はマネーリテラシーが低い

学資保険や死亡保障付貯蓄型保険は圧倒的に海外商品の方が良い

無駄に契約している日本国内の保険を見直しすることから始めよう