オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フレンズプロビデントプランの途中譲り受けされた方は証券と一緒に名義変更に関する裏書も大事に保管

safe_image.php

フレンズプロビデントの途中譲渡プランを譲り受けした場合、保険証券(契約証券)は旧契約者が持っていた原本をそのまま頂戴する事になります。

 

フレンズプロビデントプランの場合、証券は一度しか発行されませんので最初の契約者の名前が書かれた証券を新しい名義人が満期まで保管する事になります。証券上の名義は変わりませんが、きちんと手続きが行われているのであれば実際の契約者名義も被保険者名義も変わっていますのでご安心下さい。

 

つまり同じプランを何度も譲渡すると証券には全く知らない人の名前が書かれてあるので不安になるかもしれませんが、証券番号が同じであれば何ら問題はありません。

 

プラン譲り受け後にIFAを移管する場合は証券の写しと名義変更完了の裏書書面が求められます。裏書書面(endorsement)は譲渡手続き完了後にフレンズプロビデントから郵送で書面が送られてきます。それは大事な書面ですので絶対に捨てる事や紛失する事のないように大事に保管してください。裏書書面を無くしてしまうとIFA移管はできないと思った方が良いでしょう。

 

プラン満期や解約の際には証券原本のみを返却すればよいので、紛失した場合でもプラン満期や解約には「今のところ」問題ありませんが、今後方針が変わって裏書書面の返却も必須になる可能性はありますので紛失しないようくれぐれもご注意下さい。

 

前にも言いましたがプランの証券原本を紛失した場合は致命傷です。このままでは満期の受け取りも解約もできません。再発行も当然できませんので紛失した場合はIFAの指示を仰ぎながら手続きを進めて下さい。手続きには時間も手間も余計なお金もかかりますので証券は絶対になくさないようにお気をつけくださいね。

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い