ドナルド・トランプ大統領が現実味を帯びてきた今、投資家目線で考えておくべきこと

アメリカ大統領選挙は大詰めを迎えており共和党はトランプ候補、民主党はヒラリー候補が確定しましてこの二人の一騎打ちとなりました。

 

どちらの候補が大統領になっても日米関係は今よりかなり冷え込む事が濃厚であり、政治レベルでの日米関係や安全保障は見直される事になるでしょう。経済レベルでは更に大きな動きがありそうな気がしています。

 

詳しくはコアメンバー向けにお話していますが、トランブ大統領が誕生すれば為替が大きく変動すると思っています。トランプは大企業経営者ですから今後は「株式会社アメリカ合衆国」の国益のみを考えて黒字化に向け経費削減を徹底し、超合理主義路線で進むと思っています。

 

投資家目線で見ればトランプが大統領になってくれた方が儲かるチャンスがあります。しかもかなりのビッグチャンスが訪れるでしょう。JACKはそれを密かに狙っています。大きな為替変動と株価乱高下を上手く利用してチャンスをモノにしますよ〜。

 

ヒラリーが大統領になっても今より良くなる事は何も無く、むしろ間違った政策と舵取りで世界中が大混乱に陥る可能性すらあると思っています。トランプの発言や方針も同意できるものではありませんが多くのアメリカ国民はオバマにできなかった「大きなチェンジ」を望んでいるのは明らかであり、いま世界は大きな転換期を迎えているのは間違いないでしょう。

 

2016年11月8日のアメリカ大統領選挙投開票日まで目が離せない展開が続きそうです。それまでに大きな為替変動もあるでしょうから投資家の皆様は日々の動きに注目しておきたいですね。

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



 COMMENT

関連記事

私たちが生きている間に預金封鎖が行われる可能性は0ですので心配無用。もっと歴史を...

オフショア長期積立の各IFAの動きが慌ただしくなってきていますね

ハイパーインフレや国家破綻は僕らが生きてる間は起こりませんので悪徳紹介者に騙され...

香港での銀行口座開設はスタンダードチャータードが最後の選択肢?その次は・・

円高になってくれたお陰で外貨積立の日本円支払額が減りました。前払いをすべきかどう...

朝鮮半島有事に備えてリスク資産の売却を行いました。暫くは様子見ですがチャンスと見...