オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフショア金融商品もいつまで契約できるんでしょうね

finish

フレンズプロビデントやスタンダードライフなど名だたる有名なオフショア生命保険会社が日本市場から完全撤退して早や数年が経過しました。

 

どちらの商品も今ではどうあがいても日本人は新規契約する事ができません(フレンズプロビデント積立は譲渡できるのでプラン引き継ぎは可能です)

 

フレンズプロビデントもスタンダードライフも撤退の発表があったのは本当に突然で事前の予兆や情報は何もありませんでした。しかも突然の発表にも関わらず「新規契約は今日から10日以内で打ち切る」という通達が出たので駆け込み需要もかなり多かったように思います。契約したかったのに間に合わなかったという方も結構いました。

 

なぜ撤退したのか明確な理由は分かりませんが、日本政府からの圧力(締め出し)説日本市場をある程度囲い込めたので今後のリスク等を考えると早期撤退が妥当だと保険会社が判断したという説もあります。恐らくどちらもそれなりに正しいのでしょう。

 

その後RL360°(旧ロイヤルロンドン)が台頭してきたり、ITAが登場したりとまだ日本人がオフショア金融商品を契約できる道は残っていますが、これらの企業もいつ何時突然撤退を決めるか分からないという事です。

 

幸いな事にRL360°もITAもプランの第三者譲渡ができる商品ですので新規契約が打ち切られた後でも譲渡プランを購入する事はできますが、それはあくまで今現在の方針であって今後方針変更でプラン譲渡すらも不可になるという事は十分考えうるとJACKは思っています。

 

フレンズプロビデントもいつまで第三者への途中譲渡を認めてくれるか分かりません。

 

HSBC香港など海外銀行口座開設もそうですが、今後ハードルが上がる事はあっても下がる事は絶対にありません。HSBC香港口座を持っていなくてもオフショア金融商品に投資はできますので、色々悩まれている方はYESかNOかを早めに判断される事をお勧めします。

 

ただ一つだけ言える事は「紹介者から不利な積立方さえ教えられなければオフショア金融商品で失敗する可能性はかなり低い」と思います。商品について悩むのではなく自分が積立金を毎月捻出できるのかどうかを考えていけそうなのであれば実際に契約してから色々な事を勉強していくという方が合理的ですよ。

 

何度も言ってますが、くれぐれも最初から過度な期待をしないように。毎月5万円の積立が1億円にはなりませんし最初の2年間だけ多くの積立をしてしまうと後で手数料負けして資産が増えにくくなりますのでご注意ください。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い