海外積立投資の早期解約手数料はボッタクリです

メティス香港ロイヤルロンドン(RL360)

 

毎週末のように、全国各地で勧誘セミナーが開催され、

多くの情報弱者がカモにされています。

 

 

今の時代、これら海外積立投資に優位性は無いのですが、

 

特に酷いのが、

 

早期解約手数料

です。

 

 

 

最初に決めた支払期間を満了せず、途中で解約したい人に、

ボッタクリのような手数料を請求しているんですね。

 

 

 

メティス香港、RL360、インベスターズトラストの長期積立は、

25年や30年の支払期間で契約している人が大半です。

 

 

契約しているではなく、

契約「させられている」と言った方が正しいでしょうか。

 

 

 

本来であれば、5年〜契約できる商品にも関わらず、

最長期間が最もボーナスが付くなど、適当な説明を聞いたのでしょう。

 

 

海外積立は、5年や10年で契約する方がメリットは大きい

と改めてお伝えしておきますよ。

 

 

ボッタクリ早期解約手数料の実態

ロイヤルロンドン(RL360)長期積立のケースです。

 

仮に、毎月5万円を25年支払で契約、3年目で解約を希望する場合。

 

既に支払ったお金が

5万円×24ヶ月=120万円

 

 

これに残存期間23年の解約手数料率で計算され、

 

120万円×84%=1,008,000円

が解約手数料となり、

 

 

120万ー1,008,000円=192,000円

これが返戻金です。

 

 

 

は?と思った人も多いでしょう。

 

頑張って120万円も支払ったのに、

3年で解約すると19万円しか戻って来ません

 

 

これが海外長期積立のボッタクリ早期解約手数料です。

 

 

 

残存期間が短くなれば、返戻金も少しは増えますが、

 

残り15年になって解約しても、

早期解約手数料で86万円も徴収されますからね!

 

 

 

つみたてNISAをやっていたなら、

3年目に解約しても120万円全額が戻ってきます

 

 

海外積立なら85%超の手数料を取られ、NISAならゼロ。

 

どちらを選ぶべきかは明白でしょう!

 

 

 

早期解約しなければいい、と考える人がいますが、

そんな簡単なものじゃないんですよ。

 

 

大半の契約者は契約して3〜4年で解約したくなります

 

 

 

その理由はまた別の記事で書きますね。

 

 

 

メティス香港やRL360積立を契約している人が、

どれほどの情報弱者カモなのか。

 

解約手数料だけ見ても、十分理解できたと思います。

 

 

 

 

関連記事

香港在住の日本人がRL360°ロイヤルロンドンをしつこく紹介してくるという相談

オフショア長期積立は初期口座期間中でもそれまで積立てたお金を放棄する事で解約でき...

RL360、ロイヤルロンドン積立解約相談が相変わらず多い。。

毎日のように読者からRL360(ロイヤルロンドン)積立の解約相談があります

RL360ロイヤルロンドン長期積立商品101の日本円積立プラン途中譲渡希望が1つ...

オフショア長期積立商品の最初の2年間の積立金は◯◯ドル以上と説明する悪徳紹介者に...