英語が全く分からない人はスタンダードチャータード銀行口座開設がお勧め

HSBC香港口座開設のハードルは徐々に上がってきています。数年前は日本から郵送でも開設できたのですが、今や現地で通訳の同席も認められず簡単な英会話テストが行われて、理解できていないと判断されると「帰ってよし」となり口座開設はできません。

 

サポート会社に頼めば、事前に想定される質問の英会話レッスンを行ってくれますので、基本それを丸暗記すればだいたいの質問には答えれるのですが、行員も人間ですので時に意地悪な質問を投げかけてきます。ブースでは行員と2人きりですので緊張感から覚えた質問と答えを全て忘れてしまった方も過去にいらっしゃいました。

 

HSBC香港口座は恐らく世界で最も利便性が高く、ネットバンキングも非常に使いやすいのでJACKも一番にお勧めする海外銀行口座ですが、「どうしても英語に自信がないので不安」という方は英会話テストも無く通訳の同席も認められているスタンダードチャータード銀行の口座開設をお勧めします。

 

スタンダードチャータード銀行口座もそれなりに使いやすく利便性も高いので、開設のハードルが低いうちに作っておいた方がいいですね。

 

いづれスタンダードチャータードも今のHSBC香港のように、通訳同席不可の通達が出るかもしれません。

 

JACKも数年前にスタンダードチャータード銀行の口座開設をしましたが、HSBC香港しか使っていなかったので閉鎖しました。なのでスタンダードチャータードのネットバンキングの使い方などは分かりませんのでご質問頂いても回答する事ができませんm(_ _)m

 

HSBC香港でしたらある程度の事は分かりますので何なりとお問い合わせくださいね。

 

「いつまでもできると思うな。オフショア投資と海外銀行口座開設」ですよ。

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



 COMMENT

関連記事

香港での銀行口座開設はスタンダードチャータードが最後の選択肢?その次は・・

HSBC香港口座開設後の有料アフターサポートは必要かどうかについて

HSBC香港の口座開設最新状況と有料アフターサポートは必要かについて

先月今月もHSBC香港口座開設成功率は100%のようです。まだ問題ありませんので...

JACKに対して遠慮なく疑問質問をぶつけてみたいという方の為にFacebookで...

海外銀行口座開設もオフショア積立、養老保険もマイナンバー提示が義務化されてきてま...