オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命とインベスターズトラスト。学資保険として契約するなら?

スクリーンショット 2015-11-27 8.56.51

JACKは子供の為に学資保険に一つ入っておこうと考えて、「一応」日本の保険会社や郵便局にも話を聞きに行きましたが、返戻金が笑えるくらい少なすぎるので、インベスターズトラストのS&P500に決めました。

 

例えば、契約者がJACK(34歳)で子供が0歳と仮定して、日本生命の学資保険とITAのS&P500を単純比較(シミュレーション)してみましょう。

 

日本生命「ニッセイ学資保険」

月々保険料 24,726円

18年間払込保険料総額 5,340,816円

18歳〜22歳までの受取総額 5,850,000円

返戻率 109.5%

 

インベスターズトラスト「S&P500」

月々保険料 200USD (約24,000円=1ドル120円計算)

15年間払込保険料総額 36,000ドル (4,320,000円=同上)

15年後最低受取金額 50,400ドル (6,048,000円=同上)

最低返戻率 140%

 

支払手数料を加味していませんが、インベスターズトラストの場合は10年目と15年目にロイヤリティボーナス(日本の学資保険で言う祝金のようなもの)が入るので、最低でも投資元本の140%は戻ってくるでしょう。

 

15年後の為替は今よりも円安に振れる可能性が高いので、日本円に換算して為替差益を得られる可能性もあります(円高になれば逆も然りですが)

 

ここまで明確に数字として現れていますが、それでも「日本の保険会社は安心で海外は怖い」という方もいらっしゃいます。そういう方はまあご自由に、金融リテラシーの低い方にこの話をいくら説明しても通じないでしょうからね。

 

賢い投資家さん、賢い親御さんは日本の保険商品だけでなくこのような海外の商品も契約されています。JACKの場合は日本の保険商品は一切契約せず、海外のものだけですが(^_^;)

 

学資保険として検討されるのであれば、インベスターズトラストのS&P500がオススメですね。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い