スタンダードチャータード香港の銀行口座は悪くないけどHSBCよりは劣る

スタンダードチャータード香港銀行の使い方や、ネットバンキングの操作方法について相談いただく時があります。

 

 

HSBC香港と比較して、スタンダードチャータード銀行口座は持っている人が少ないので、

 

ネット検索してもトラブルシューティングになるサイトが見つかりにくいですよね。

 

 

スタンダードチャータード香港口座は、英語スキルが低くても作りやすい

 

という「甘えた理由で」開設する人もいるようですが、

 

作った後の維持のし易さや、トラブル解決のことを考えるとHSBC香港口座を持つことをお勧めしています。

 

 

英語がどうこう言って楽な道を選択するくらいなら、海外口座自体やめた方がいいんじゃないですかね。

 

正直JACKはそう思いますよ。

 

 

海外投資や海外銀行口座には、日本と比べて考えられないほどの魅力やメリットがあるのは確かです。

 

その反面で、日本語対応は全く期待できません

 

 

何かトラブルが発生すれば、自分が解決しなくてはなりませんので、

 

お金を払って現地のサポート会社に依頼するか

 

信頼できる投資仲間に相談して解決することになります。

 

 

コアメンバーであれば、海外投資や海外銀行口座に詳しい人がたくさんいるので、ある程度のことはメンバー内で解決できますが、

 

英語ができず、信頼できる仲間もいないのなら

 

トラブル解決は容易ではないでしょう。

 

 

スタンダードチャータード銀行についても同じです。

 

口座開設時に英語スキルが不要だったから・・

HSBC口座開設に失敗したから・・

 

という理由で口座を持ったとしても、

 

英語が分からない、口座を持ってる仲間もいないでは、維持するのは困難です。

香港銀行口座はHSBC香港が一番

結局のところ、香港銀行で口座開設するならHSBCが一番です。

 

 

過去に一度口座開設に失敗したという理由でもないなら、

迷わずHSBC香港を選びましょう。

 

  • ネットバンキングの使い易さ
  • トラブルシューティングのサイトの数
  • 投資信託・ファンドの量と質

においてHSBC香港に軍配が上がります。

 

 

HSBC香港の次にお勧めするならスタンダードチャータード、その次はハンセンですかね。

 

 

日本ウェルス銀行(NWB)が日本語でのサポートが受けれるとのことで一部で人気のようですが、

 

JACKにとっては何ら魅力を感じていないのでお勧めしてません。

 

かと言って否定している訳ではないので、日本語でのサポートが必須だという人はどうぞ。

 

 

どの銀行に口座開設したとしても

同じ目的をもった仲間さえいればいいんですよ。

 

 

香港現地に信頼できるサポート会社と繋がりを持ち、日本には信頼できる投資仲間がいる。

これで大丈夫です。

 

 

日本でマネーセミナーや投資セミナーを開催している悪徳紹介者は常に目先の利益だけで、維持管理についてのアドバイスは期待できません。

 

 

手数料目的の業者は正しい情報なんて教えてくれませんが、

 

仲間がたくさんいれば必然的に正しい情報が入り、問題も解決しますよ。

 

↓記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

HSBC香港・スタンダードチャータード香港口座開設状況と投資口座の必要性

スタンダードチャータード香港銀行にも魅力的な投資商品がたくさんあります