オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフショア生保積立のボーナスアップキャンペーンに乗せられないようにしましょう

Merlion_statue,_Merlion_Park,_Singapore_-_20110723

オフショア生保積立を契約する際に、ボーナス率やボーナスキャンペーンを重視して契約するべきではありません。

最近はあまり聞かなくなりましたがフレンズプロビデントやスタンダードライフが全盛期の頃、頻繁にボーナスアップキャンペーンが開催され期間限定でボーナス率が通常よりアップされてました。その頃はあまり知識もなかったJACKもボーナス率がアップされるなら今しかない!と思って契約した事がありますが、後で考えるとボーナス率アップはそれほど重要ではなく、ボーナス狙いで初期口座期間だけ高額を積み立てて後で減額すると積立効率が悪くなるので、結果資産が増えにくくなってしまいます

その頃ブログやSNSでしきりにボーナスアップキャンペーンを宣伝していた紹介者も、ボーナス率の詳しい説明はするけれど効率の良い積立方法や効率の悪い積立方法については説明していませんでした。いまのJACKならボーナスアップキャンペーンがあったとしても、「ボーナス狙いで初回だけ頑張らずに満期時まで同じ積立金でいける金額にしましょう」と言います。

キャンペーン中に契約された方はいまどうしているのでしょうか。初期口座期間が終わって減額された方がかなりいらっしゃるようですが、減額幅が大きいと資産がぐんぐん減っていきますので当時の紹介者に対して怒りの念を持っている方が多いのではないでしょうか。

JACKの知り合いでボーナスアップキャンペーンに乗せられて月2,000USDで契約し、初期期間が終われば500USDに落としてその後停止した方がいますが、今の状況は散々なものです。目も当てれません。

現在契約できるインベスターズトラストやRL360°ではほとんど行われていませんが、今後保険会社がボーナスアップキャンペーンを行い、紹介者が大々的にそれを紹介したとしても決して乗せられる事のないよう冷静にご判断ください。

オフショア生保積立は最初から最後まで一定額が最も効率的です。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い