万が一の為の保険よりも日々の健康管理と予防を意識する事が何倍も大事

保険会社のテレビCMでは、

 

  • 万が一に備えた保障を
  • ○○のリスクに備えましょう

 

というセリフがよく出て来ますが、

 

ほとんど必要のない保障に対して、危機感や不安感を煽るのが実に上手です。

 

 

日本人は「将来の為の備え、万が一の為の備え」と備えが大好きな国民性なので、

 

備えを使う事なく終わる人が大半にも関わらず、無駄な保険をたくさん掛けている人が多すぎます。

 

 

いま一度、よく考えてほしいのは、

 

 

万が一の為の保険よりも、大事なのは病気の予防と健康管理

 

 

だという事です。

 

 

突発的な事態に備えて、最低限の保険に入っておくことは当然なのですが、

 

日々の健康管理や、予防に気をつけている人が余りにも少なすぎます。

 

 

年1回の人間ドックや健康診断だけ受けて安心しきっていませんか?

 

 

運動不足に気をつけて毎日3キロ走っているとか、

 

週に1回以上は、1時間以上ジムで汗を流しているという人がどの程度いるでしょうか?

 

 

若い頃に健康に気を使わず、暴飲暴食・睡眠不足・運動不足な状態が続くと、

 

 

早い段階で身体にガタがきて、そこから様々な病気を発症して体が弱り、

 

死亡率が高まります。

 

 

年をとっても病気をせずに、健康な身体を維持したいと思うのであれば、

 

若いうちから日本国内の無駄な保険に加入するのではなく、

 

 

身体が健康なうちから予防医療を意識し、食べ物に気をつけ運動不足を解消しましょう。

 

保険は掛け捨てではなく海外の貯蓄型がベスト

掛け捨ての死亡保険に入ることはお金を捨てることとほぼ同じですが、

 

貯蓄(資産形成)と死亡保障がセットになった保険であれば、保険料が無駄になりません

 

 

日本の貯蓄型保険は日本国債で運用されている手前、予定利率が1%にも満たないですが

 

 

海外の貯蓄型保険であれば、先進国の国債で運用しても3~4%はあります。

 

 

魅力ある海外の貯蓄型保険を契約し、予防医療に意識することで、

 

年をとっても病気をしない健康な身体と、

 

 

保険会社の運用で増えた十分なお金の両方を手に入れる事ができますよ。

 

 

予防医療と運動不足解消を強く意識し、魅力ある貯蓄型保険を契約しましょう。

 

 

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

老後資金確保のために今の生活を犠牲にして積立投資はお勧めしない

堅実すぎる金融商品への投資ばかりではなく自己投資やお金を使うことも考えましょう

消費税増税延期に対する各界の反応は様々ですね。日本は財政破綻しないと思ってました...

JACKの年末年始休暇は長い?来年は更に1週間早く休みを取ろうと思ってます

いまの自分の状況を変えたいなら人間関係をおもいっきり変えてみよう

ハイパーインフレや国家破綻は僕らが生きてる間は起こりませんので悪徳紹介者に騙され...