オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パナマ文書で今後情報流出が起こりそうなオフショア法人とそうでないオフショア法人について思うこと

パナマ文書が世界各国を世界各国を賑わせていますが、個人的に感じるのはの国も本気で捜査に乗り出す気がないように感じます。日本でも菅官房長官がそうハッキリと言いましたし中国は情報すら流してません。英米も本気度が低いですねえ。

 

基本的にBVIなどのオフショア法人は決算申告の必要がなく無税です。自分の名前を表に出さずに企業買収をしたり不動産を売買できたりするので、日本でも多くの大企業や中小企業がオフショアに法人を持っているそうですがそのほとんどはペーパーカンパニー(事務所を構えない書類上だけの法人)です。

 

日本国籍で日本に居住している人はオフショアに法人を持っていようとそこでの売り上げは日本で申告義務があるので完全な無税ではありません。その基本的な所が分かっていないのか、自分が持っているオフショア法人は今回捜査のメスが入りそうな国以外なので安心だと勘違いしている人がいるようです。

 

パナマ文書はその膨大なデータ量の解析が行なわれているようで今後も第二弾第三弾と内部情報が出てくると思いますが、その全てが出てきたとしても大規模な捜査や解明を行う国は出てこないのではないかと思っています。特に世界の牽引役である米国、英国、中国の三国には「絶対に漏れてはいけない政府首脳」がいるはずですので本気にはならないでしょう。

 

ですが世界中にここまで知れ渡った以上、ある種の「落し前」は付けなくてはなりません。何も無かった事で終わらせれるほど今の世の中は甘くありませんからね。

 

そうなるとターゲットとなる国は英国も米国も中国も息がかかってない国になるでしょうから、必然的に英国領土であるBVIやケイマン諸島は外れて、バヌアツセーシェル法人が捜査対象になるのではないでしょうか。これらの国にペーパーカンパニーを持っている人で好き放題している人はよく考えて行動した方がいいかもしれませんよ〜。

 

まあこれはあくまでJACKの想像ですので実際はどうなるか分かりませんが、金融問題に興味がある一人としてパナマ文書問題は今後も目が離せません。

 

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い