相場の下落局面こそやるべきこと

米国の金融政策や世界中で起こっているインフレにより、

金融市場全体が大きく下落しています。

 

 

株価が上昇しているときは、誰の資産も勝手に増えていくので、

 

インデックス積立論者やFIRE希望者の嬉しそうな声

が、そこらじゅうで聞こえますが

 

 

下落局面になると、

YouTuberや政治家への恨みつらみばかりになります。

 

 

 

自己奉仕バイアスに陥った低脳な人間に成り下がるのではなく、

 

資産が減った時こそ、

今一度自分の投資スタンスを見直して勉強しましょう

 

 

 

過去の金融ショックから学べることはたくさんあります。

 

段階的に買い増しの注文をいれるべきなのか、

大きく下がった後に上昇するタイミングで買いを入れるのか、

 

ずっと下がり続ける相場はありません。

 

 

冷静になり、投資仲間に相談し、適切なタイミングを探りましょう。

 

 

 

過去にビットコイン価格が暴落した時、私の周りでも

 

「ビットコインはもう終わりだ」

「マイニングしたけど全く掘れなかった、ふざけるな」

 

という声が幾つか聞こえました。

 

 

黙ってその時持っていたビットコインを保有していれば、

今の価格でも10倍以上になっています。

 

 

冷静に物事が分析でき、信頼できる投資仲間が近くにいれば

資産が10倍になったのにもったいない!

 

 

 

下落相場で自分の資産が減った時は、自己奉仕バイアスに陥ることなく

検証、研究、相談、そして勉強ですよ。

 

 

 

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

堅実すぎる金融商品への投資ばかりではなく自己投資やお金を使うことも考えましょう

自分自身の投資方針や資産形成において家族や身内の助言は聞かない方がいい

老後不安や年金不安を考えた生活や資産形成ばかりでは面白くない

iPhoneXはJACKにとって投資なので最高スペック機を迷わず予約

持たざる者がやるべきこと

オフショア金融商品や海外法人を使った小手先だけの節税法は絶対に通じません