投資の損失を岸田総理のせいにする人たち

Twitterを読んでいると、最近よく目にするのが

 

「岸田やめろ」

「日本の投資環境を岸田が悪くしている」

「株価下落は岸田の責任」

 

という、岸田総理批判。

 

 

新しい資本主義や金融課税について

よく思ってないのでしょう。

 

 

 

まあ、実際に岸田総理が就任してから株価は下げる一方ですが、

それは日本に限らず世界中でも同じことですからね。

 

 

日本は特に下げ幅が大きく、世界から見ても期待されてないという声もありますが、

それも今に始まったことではありません。

 

 

 

前回のブログ記事で「自己奉仕バイアス」について触れましたが、

 

自らの投資が上手くいかない責任を岸田政権のせいにする

発言そのものが自己奉仕バイアスです。

 

 

 

投資の結果は自己責任が原則。

 

 

岸田総理の政策で株価が下がりそうと感じるのであれば、

事前に持株を売却しておいたらいいじゃないですか。

 

 

ショートを入れたり、ベアファンドを買ったりすれば利益も取れたはず。

 

 

自らの判断が招いた結果を政治家のせいにするのはカッコ悪すぎですよ。

 

 

『私は投資家としての能力が低い』

と言っているようなものです。

 

 

 

投資家ならどんな環境や情勢であれ、

損失の言い訳と政治批判はしないでほしいものですね。

 

 

儲からないのは岸田のせいという奴らは

全員投資やめてまえ!(笑)

 

 

 

 

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

オフショア金融商品や海外法人を使った小手先だけの節税法は絶対に通じません

メディア各社から取材依頼をたくさん頂いているのですが今の所受けるつもりはありませ...

情報弱者は変わらない

NO IMAGE

新年のご挨拶と変わらない今年の抱負

NO IMAGE

マネー教育を受けていない子供は遅かれ早かれこうなる可能性が高い

持たざる者がやるべきこと