チャンスを逃した人はアンチになる法則

ビジネスや投資において、

Big chanceというのは何度も訪れません。

 

 

もし自分の前に訪れた時は、

 

何かを犠牲にしてでも確実に掴む

 

そういう気持ちが大事だと思います。

 

 

 

ですが、実際は2:8の法則が示しているように、

 

目の前にチャンスが訪れたとしても大半の人は

 

・リスクがあるから怖い

・それは本当か?何か怪しいな

・今回は見合わせよう

 

といつものようにスルーするんですね。

 

自己啓発本ばかり読んで、結局何も行動しないというタイプです。

 

 

 

チャンスを勝手に逃して終わり、というなら良いんですが。

自分が掴めなかったのが余程悔しいのか、アンチ化することがよくあります。

 

 

ネット掲示板に匿名で誹謗中傷するような人間になってしまうんですね。

 

 

チャンスに気付かなかったのは完全な自己責任

にも関わらず、匿名掲示板で叩くなど低レベルにも程があります。

 

 

 

JACKのブログ読者さんは、リテラシーが高い人が多いので

もしチャンスを逃しても、低レベルの仲間入りはしないで下さいね。

 

 

 

チャンスは確実に掴み、労働収入以外の柱を複数形成していきましょう。

 

労働収入1本だけという状態はハイリスクだと強く認識してください。

 

 

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

NO IMAGE

老後資金確保のために今の生活を犠牲にして積立投資はお勧めしない

NO IMAGE

日本将来悲観論をあれこれ考えるよりいま出来る準備を淡々と進めよう

老後資金が心配なのは分かりますがもっと楽に考えて生きませんか

NISAやiDeCoは使わにゃ損損。来年は貯蓄から投資への流れが加速かも

昨日は名古屋でコアメンバーと懇談でした

投資において考える時間が長い人や先延ばしにする人はマイナス面が多い