不動産投資のスタートは格安な古家を買って知識と経験を深めていくといい

「不動産投資を始めたい」という人は多いでしょう。

 

JACKの周りでは、

ある程度の規模で取り組み、家賃収入で早期リタイアした人や

貪欲に投資不動産を探し、いまでも買い続けている人がたくさんいます。

 

投資家として、不動産投資は外せませんからね。

 

 

成功している投資家に話を聞くと、

不動産投資は、最初から大きなお金を借りて1棟物件を買うのではなく、

 

現金で買える格安な古家を買い、リフォームして高く貸す

 

ところからスタートすると良いと口を揃えて言います。

 

 

最初は現金で物件を買って、不動産大家としての知識と経験を積め

ということですね。

 

 

現金で買った物件だと、多少空室期間が続いてもローンの支払いに困ることはありません。

 

区分マンションだと毎月の「管理費」や「修繕積立金」がかかるので、

ランニングコストがかからない格安戸建やアパートの方がお勧め。

 

空き家問題云々言われてるので、タイミング次第ではお宝物件が手に入ることもあります。

 

 

最低でも、毎日不動産情報サイトの新着物件をチェックすること、

お目当ての物件情報をよく出してる不動産会社の、Facebookやメルマガは登録必須、

 

このくらいは当たり前のようにやらないと、良い物件情報は得られません。

 

古家や格安アパート投資を勧めてる書籍も、10冊くらいは読んで勉強しましょう。

 

 

なんども言ってますが、不動産投資でやってはいけないジャンルは、

 

  1. 新築・中古フルローンワンルームマンション
  2. 東南アジア不動産投資(不動産開発)

 

ですよ。

 

お金を損することが趣味という変わり者以外は、この2つの投資に手を出さないように。

 

 

あとは安易に不動産投資セミナーに行かないこと

 

不動産投資セミナーは、業者がカモを見つけるために開催してるものであり

そこで有益な情報は期待できません。

関連記事

投資用不動産の物件資料は毎日たくさん見ますが買っても良いと思えるものは年に数件く...

Airbnbを使った不動産ビジネス

投資用ワンルームマンションだけは買うな

ワンルームマンション投資の詐欺的手法と守るべき対策

新築ワンルームマンションを高値で買わされた人は来年辺りから物件価格が大きく下落す...

大阪市内某所に利回り10%超えの1棟マンションあります