オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JACKが英語能力ゼロから日常会話に困らない程度に英語スキルを上げた方法

JACKの英語勉強法について教えてくださいという質問もいくつか頂いていますので、ここで回答しておきたいと思います。

 

JACKは2009年に海外投資を始めましたが、その1年前の2008年から英語を勉強し始めました。当時は英語スキルゼロに等しく、canとdoの違いすらよく分からないレベルだったのを覚えています。

 

JACKが選択した方法というのが、当時はまだ珍しかった「Skypeを使った格安オンライン英会話」です。Skypeを使って英語ペラペラなフィリピン人講師とマンツーマンでレッスンをするのですが、1時間で1000円程度でしたので週2,3回のレッスンを繰り返し繰り返し行ってきました。

 

今でこそ良かったと思えるのはフィリピン人講師が日本語ほとんど喋れなかった事です。JACKは英語喋れませんし講師は日本語喋れない、でも英語の勉強なのでなんとか英語を話さないと会話にならないという事で、電子辞書片手に毎日毎日悪戦苦闘して何とか英語を話そう、会話をしようと思いながらレッスンできた事が上達のポイントだったと思います。相手が日本語が理解できる講師だとその安心感からこちらの英語に対する姿勢も甘くなり上達が遅くなるのは間違いありません。

 

なので今の自分が英語スキルゼロという人は、日本語ほとんど理解できない先生に教えてもらう方が良いですよ。最初は厳しくて辛いかもしれませんが継続していれば確実に上達します。

 

あと、最も大事なのはやはり「継続」ですね。継続は力なりと言いますがあれは本当です。日本に住んでると英語を使う機会も全くないので勉強するモチベーションを維持するのはかなり大変です。実際にJACKと同時期にオンライン英会話を始めた友人や、途中で紹介した友人は全員リタイヤして勉強を止めてしまいました。今でも継続しているのは周りでJACKくらいです。男が一度やると決めた目標は絶対に達成するという強い意思の元にここまで努力し続けて更なるスキルアップを目指しています。

 

今やオンラインで英語を学ぶ人も増え、それに伴いスクールの数もかなりあります。当時に比べるとコストも安価になりましたので、誰にでも英語を学べる環境は整っています。あとは本人のやる気だけです。

 

まずは3年頑張って下さい。3年継続できる人は全体の1割もいないでしょう。その1割に入ってさらに2年頑張れば日常会話に困らない英語スキルが身についているはずです。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い