香港口座開設の為に用意した国際運転免許証のスペル間違いにはご注意ください

 

HSBC香港口座やスタンダードチャータード香港銀行口座を開設する際には、

 

 

「国際運転免許証」「英字の銀行残高証明書」を用意することになります。

 

 

 

国際運転免許証は免許センターで即日発行してくれますし、

 

 

 

英字の銀行残高証明書は、銀行窓口やコールセンターに連絡すれば、一定の時間はかかりますが無料で発行してくれます。

 

 

 

基本的に、国際運転免許証か銀行残高証明書のいずれか1点準備すれば良いのですが

 

 

香港銀行側としては国際運転免許証の提出を望んでいます

 

 

 

今後香港銀行での口座開設をする人は、

 

 

できるだけ国際運転免許証を準備するようにしましょう。

 

 

例:国際運転免許証の申請について(大阪府警察)

 

国際運転免許証は印字ミスに注意

国際運転免許証は、各都道府県で指定されている運転免許試験所に行き、

 

 

必要なものを持参して申請書類を提出し、費用を払えば即日取得できます。

 

 

 

自分の氏名や住所が英語で印字されており、

 

 

「香港銀行口座開設時の住所証明」として提出できる重要な証明書です。

 

 

 

もしこの印字にミスがあった場合、香港銀行側で住所証明と認められませんので、

 

 

せっかく香港に行ったのに口座開設ができない事態となります。

 

 

 

運転免許試験場で、自分は正しい申請書類を提出したにも関わらず、

 

 

試験場側の事務的なミスで、部屋番号が印字されていなかったり名前のスペルが間違って印字されているということがありました。

 

 

 

発行された直後に印字ミスに気付けば、すぐに修正してもらえるのですが、

 

 

このミスに気付かずに香港まで行ってしまうと、

 

 

サポート会社がどれだけ頑張っても口座開設は認められません

 

 

 

香港まで行ったのに、銀行口座開設ができなかったというのは非常に残念ですので、

 

 

国際運転免許証が発行されたら、以下の点をすぐに確認してください。

 

  • 住所のローマ字や番地ミスがないか
  • マンションやアパートの部屋番号まで入っているか
  • 名前のスペルミスはないか

 

印字ミスは意外にも多いので、念入りに確認して下さいね。

 

 

 

皆さんの香港での目的が無事達成することを願っています。

 

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

 

関連記事です

HSBC香港口座を開設したいと考え、サポート会社の助けを借りる人が多いと思います。 英語や中国語での会話に自信があ...
HSBC香港の銀行口座を開設する動きは、いまだに多くあります。 旅行者がパスポートだけ持って銀行窓口に行っても、開設できる...
マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

英語が全く分からない人はスタンダードチャータード銀行口座開設がお勧め

HSBC香港口座開設についての最新情報。悪徳業者の香港ツアーにご注意

HSBC香港口座開設で必要な住所証明

HSBC香港・スタンダードチャータード香港口座開設状況と投資口座の必要性

HSBC香港口座開設ご希望の方はこちらからどうぞ

先月今月もHSBC香港口座開設成功率は100%のようです。まだ問題ありませんので...