オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新築ワンルームマンションを高値で買わされた人は来年辺りから物件価格が大きく下落する可能性が高いので早めに売却(損切り)した方が良いですよ

新築ワンルームマンションを高値で買わされた方もしくは築浅マンションを高値で買わされた方は、今後の賃貸需要とキャッシュフロー悪化に戦々恐々としている(もしくはお気楽主義で何も考えていない)かと思いますが、不動産価格は今年来年を境に下落してくると見込んでいますので早めに損切り売却しておく事をお勧めします。

 

JACKもそうですが、周りの賢い不動産投資家はここ数年「新規で買う」よりも「手持ち物件の売却」を進めてきました。10年前に買った物件がこれまでの家賃収入も取得できた上で購入価格以上で売却できるのですから儲けものですね。JACKも今年は買いよりも売りが多かった1年でした。

 

6年前に新大阪付近に買った中古ワンルームマンションは購入より20%増しで売れましたし、8年前に買った中心部から外れた辺鄙な場所のワンルームも購入価格の10%増しで売れました。1棟マンションやアパートを保有している友人も売却益で数百万、数千万を得たツワモノもたくさんいます。

 

この要因として、中国人を中心とした外国人の日本不動産買いが旺盛だった事が挙げられますが既にその勢いにも陰りが見え始めており、東京や大阪の中心部でも下落が始まっています。JACKが今年売却した中古ワンルームマンションの買主も全員外国人(中国人、香港人)でした。

 

新築ワンルームマンションを高値で買わされた方は、ここ1年以内に売却して損を確定しておかないと損失が拡大して取り返しがつかない事になる可能性があるという事を覚えておいて下さい。

 

新築ワンルームマンションは買った時点で98%が失敗です。プロは絶対に手を出さない物件を明らかな割高で買わされて保有しているというリスクを強く持ち早めに損切りしてマネーリテラシーを上げ、二度と新築ワンルームマンションは買わないようにしましょう。

 
↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

 

Facebook始めました。お友達募集中

 

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い