オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフショア長期積立商品と死亡保障付養老保険商品は全く違います

オフショア長期積立商品と死亡保障付養老保険商品の違いについてブログ読者の方やコアメンバーからもよくお問い合わせを頂きます。

 

結論から言うと全く違います。オフショア長期積立については日本国内でセミナーをしているブローカーや紹介者が多いので情報は広く知れ渡っていますが、養老保険商品については全くと言っていいほど案内も紹介もされていないようで正しい情報を知る人はほとんどいません。

 

養老保険商品は日本で契約する事ができず、香港なりシンガポールに渡航して契約する必要があるのでコストも手間もかかります。所定の審査もあるので日本国内でサインして契約できる長期積立商品よりもハードルは高いと言えるでしょう。

 

また両商品は運用スタンスや利回りにおいても違いは顕著です。

 

長期積立商品は世界中100を超えるファンドの中から適宜良いと思えるものを選んで高いパフォーマンスを目指す投資商品です。アグレッシブな運用ですのでファンドマネージャー次第ではプラス10%以上にもなりますが逆にマイナス15%以上というのもあります。マイナス運用が数年続いてしまい資産が右肩下がりに減っていくという可能性もある比較的リスク性の高い商品です。プランに死亡保障はついておりません(1%付与は死亡保障というよりも「おまけ」です)

 

対して養老保険は堅実でディフェンシブな運用を心がけており低利ですが基本的にマイナス運用は有り得ません。プランには死亡保障がついており一定期間以降は積み立てた金額以上の解約返戻金もあります。日本にも養老保険商品はありまして予定利回りは1%未満ですが香港では3〜4%が普通です。積立期間は5年から15年と短く長期間温めておけば大きな資産が形成でき、手厚い死亡保障も付いています。

 

長期積立商品は攻撃的な投資商品、養老保険商品は守りに徹した保険商品という意味合いですね。

 

どちらがお勧めなのか、自身のポートフォリオをどう組んでいくべきなのかはコアメンバーにお伝えしている通りですが、養老保険商品に興味がある方は正しい情報を知った上で自分にあったプランをお選び下さい。

 

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い