オフショア生保積立や投資商品について正しい情報と知識を提供し賢い投資家を養成する。個人投資家JACKの公式サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタンダードライフの運用利回りが好調です。フレンズもITAも後に続け〜

664x432x14683036_s_thumb1.jpg.pagespeed.ic.-qyRL2_WwI

IFAからは毎月の運用実績レポートが送られてきますが、その中でもスタンダードライフ運用を任せているIFAの成績が好調です。

 

2011年に契約してからここまでIFAを変えずに運用管理を任せていますが、去年までの平均は約3.5%ほどでしたが今年に入ってから5%近くまで上昇しました。

 

運用資金が少ないうちは利回りが良くてもそれほど影響はありませんが、運用資金がそこそこ膨らんだ状態になると運用利回り次第で資産高が大きく変わってくるので毎月プラスで推移してほしいものです。

 

長期積立・運用ですので単年単月の利回りに一喜一憂するつもりはありませんが、毎月毎年運用利回りがマイナスではドルコスト平均法の効果も一切なく、支払手数料を考えるとオフショア積立をやっている意味がありません(ドルコスト平均法については多くの方がこれの解釈を間違っているようですので別の機会に詳しく解説します

 

スタンダードライフは25年契約の5年目ですがここまでプラスで運用できており、純積立金額よりも資産高は多くなっています。最初に契約したフレンズプロビデントで不利な条件(最初の2年間だけ多くを積立ててその減額)で契約してしまった反省点があるので、スタンダードライフは契約当初から積立金額を一切変えていませんし今後も変えることなく25年間頑張って積立したいと思っています。

 

何度も言っていますが、最初の2年間だけ頑張って多い金額を積み立ててその後減額してしまうと、その後の手数料負担割合が上がって、良い運用利回りでも資産が増えにくくなりこの契約で得をしたのは紹介者だけという事になるので、積立金額は無理をせずに適度な金額を契約期間内ずっと積み立てるようにしましょう。

 

また契約期間は25年だけではありません。JACKは契約当初まだ20代だったので25年にしましたが、年齢が45歳より上の方や、長期積立を希望しない方は10年15年でも契約できますので、自分に合ったプランで契約するようにしましょうね。

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



投資家JACKです

26歳の時にHSBC香港に口座を開設した事がきっかけで海外投資にハマり、オフショアファンド、国内不動産投資、事業投資・国内外の株式投資などを行っており目標資産10億円を目指して着実に歩んでいます

本業の不動産会社経営の傍ら、不動産投資や株トレード、アフィリエイトビジネスを積極的に行っており副業収入、不労所得が発生する仕組みを構築しています

オフショア生保積立・株トレード・不動産投資・アフィリエイトについてご質問があれば遠慮なくどうぞ

悪質な勧誘セミナーに注意

最新譲渡案件情報はコチラ

HSBC香港口座開設お手伝い