その道のプロが投資しているものと同じを投資すれば間違いない

投資でお金を増やすために必要なことを一つ教えます。

 

その道のプロと同じものに投資をせよ

ということです。

 

不動産投資なら、不動産業者が買う物件を先回りして買えば間違いないですし、保険商品なら保険業者が自分や家族に何を契約させているかを調べるのが一番です。

 

プロが自分のお金を使って投資するものに間違いはありません

 

 

代表的なものとして、

不動産業者はワンルームマンション投資だけはやりません。

 

実際に販売している営業マンは、そのリスクが分かっているのでまず買いませんし、不動産業界の中にいれば、ワンルームマンション投資がいかにダメなのかよく知っています。

 

自分たちが買わないものでも、利益のためには売るというのが不動産業界ではまかり通っているので、自分たちが知識武装・情報武装しないと大きなお金を失ってしまいます。

 

 

また、保険業界の人たちが契約しないものは学資保険です。

 

日本国内の学資保険は、プロが見て全く魅力がないものなんですね。

にも関わらずリテラシーの低い親御さんたちは、子供が生まれると、ゆうちょや保険会社の学資保険を契約したがります。

 

また学資保険と同じく、手数料まみれで、商品内容におかしな点が幾つも見つかる外貨建て積立保険にも興味を持っていません。

 

紹介マージンが高いので、お客様に勧めることはあっても、自分で契約したり、家族に勧めることはしません。

 

プロが契約を避ける商品=魅力なし

プロが自分や家族に契約させている商品=魅力あり

と覚えておきましょう。

 

間違っても、その辺の投資セミナーに出席してもプロが契約している商品やスキームは絶対に教えてくれません。

 

彼らはお客様のための提案ではなく、

自分の売りたい商品やサービスを提案しています。

 

つまりそれらはプロが買っているものではない、というのを覚えておいて下さい。

 

不動産と保険のプロは何を買ってるの?

では不動産業界と保険のプロは何を買っているのでしょうか?

 

それを先回りして知れれば、皆さんが投資や保険で資産形成できるスピードが早まります。

 

 

不動産業界のプロはそもそも上流の情報を先に仕入れることができますので、自分たちが情報を先に仕入れて「良い」と思った不動産は片っ端から業者に買われます。

 

業者が買わなかった物件が優良顧客に回され、そこでも買いが出なかったものがネット情報として出回る。

 

つまり普通にネット掲載されてる不動産情報は下流の下流。

稀にダイヤの原石が落ちていることもありますが、基本的には下流物件で間違いありません。

 

投資不動産の上流情報を得たいなら、特定の業者と仲良くし、いつでも買えるという姿勢を見せることが大事です。

 

 

そして保険業界のプロは何を契約しているのか。

答えは海外保険ですね。

 

JACKの友人や投資仲間で日本国内の保険業界で働く人たちは、

ほぼ全員が自分と家族のプランを海外で契約しています。

 

詳細は割愛しますが、それほど国内商品と比較して魅力があるということです。

 

コンプライアンス上の問題から、顧客に海外保険を案内することはできなくても、自分と家族分だけはコッソリ契約しているんですね。

 

プロが自分のお金を投じているものこそが本物です。

 

コアメンバーにはその道のプロが多いので、JACKが知らない投資ジャンルのことでも有益な情報共有が行われており、多くのメンバーに満足頂いています。

 

 

↓この記事が「いいね!」と感じたら下のバナーをクリック!↓

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

投資目的で購入した時計の価格が10%上昇しました。10年で倍を期待

仮想通貨案件のトラブルが2年で3倍超。これらの仮想通貨案件に投資している人は要注...

iPhoneの予約は店頭ではなくネットで済ます、簡単な情報でも案外知らない人が多...

日本将来悲観論をあれこれ考えるよりいま出来る準備を淡々と進めよう

高いレベルで質の高い情報を複数仕入れてシェア

堅実すぎる金融商品への投資ばかりではなく自己投資やお金を使うことも考えましょう