老後資金が心配なのは分かりますがもっと楽に考えて生きませんか

ファイナンシャルプランナーに老後資金の相談に行く方が増えているようですが、

 

不安心理を煽られるだけ煽られて、絶望的な気分になり、

 

 

そのまま不利な海外積立を契約させられたり、

 

不動産投資を勧められるケースが多く発生しています。

 

 

悪徳FPと悪徳不動産業者、悪徳ブローカーの共通点として

 

 

不安心理を煽る能力に長けています

 

 

日本人は過度な心配性なので、常にお金の不安や年金不安、将来不安を抱いていますが、

 

その不安心理に漬け込んだFPや不動産業者、金融ブローカーは、

 

 

  • 今のままの資産計画と貯金額では老後は生きていけない!
  • その物件を持っているだけで自己破産してしまうのですぐに売った方がいい!
  • 日本は財政破綻して日本円は紙くずになるので、今すぐ海外積立を契約しましょう!

 

と、お客様の顔色を見ながら不安心理を煽るだけ煽り、

 

不安が最高潮に達した相談者は言われた通りのアドバイスに従ってしまいます。

 

 

まるで催眠術ですね。これは。

 

もっと楽に考えよう。老後は何とかなります

老後の事は何とかなると思っている方が多いですが、何とかなりません!

 

 

と強調するFPが多いのですが、

 

日本はセーフティーネットが充実しているので餓死する事はありませんし、

 

 

普通に生きるだけなら何とでもなります。

 

 

要は生活レベルを落とせるか、変えられるかだけの問題です。

 

 

65歳を過ぎてもシルバー人材として雇用してくれる所はたくさんあるので

 

収入が途絶える事はありませんし、

 

 

ソコソコの貯蓄を崩しながら、毎月の給料を足しにすれば生活するには何も困りません。

 

 

持ち家のローンが終わっていれば、売却して資金の足しにすることもできます。

 

 

心配性の日本人は常に将来不安、老後不安が頭にあるので、

 

せっかく貯めた貯金にもほとんど手をつけず、切り詰めて切り詰めて節約して、

 

 

死ぬ瞬間(死亡保険で)が最も金持ちになるという悲しい最後となるわけです。

 

 

60歳時点での平均貯蓄額は約1300万との事ですが、

 

そんなに貯めておかなくても大丈夫です。

 

 

それよりも、60過ぎても安定的に収入をもたらせてくれる

 

「収入ポケット」をたくさん作っておきましょう。

 

 

一つのポケットが月1〜2万円でも構いません。

 

それを10、20と持っておけば老後不安が無くなります。

 

 

マネーリテラシーが低いままの状態で安易に投資に興味を持ってしまったばっかりに、

 

老後のためと思って貯めておいた数千万の貯金を詐欺師に持って行かれた、

 

 

という方もこれまでたくさん見てきました。

 

 

最悪それが原因で自殺してしまった人もいます。

 

 

まずは正しいマネーリテラシーと情報リテラシーを学ぶ事が大事ですよ。

 

 

悪徳FPや不動産会社は皆さんの将来について真剣に向き合ってはくれません。

 

 

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



関連記事

正しい知識と情報こそが資産形成において最も重要。常に人任せ、受け身の姿勢だけでは...

急かされた上での駆け込み契約はやめた方がいい。焦って契約してもあとで後悔する人が...

iPhoneXはJACKにとって投資なので最高スペック機を迷わず予約

語学学習もアフィリエイトもほとんどの人が続かない。続ける事ができる人はどんどん伸...

年始から株トレードは好調をキープしていますがトランプ就任後の動きが気になりますね

オフショア金融商品や海外法人を使った小手先だけの節税法は絶対に通じません