インベスターズトラストのS&P500について質問がありました

ブログ読者の方からインベスターズトラストのS&P500について質問がありました。

多くの方にとって参考になると思いますので、質問内容と私の回答をシェアします。

Q(質問)
オフショアでの投資について興味があり色々と検索してました。

学資保険元金保証で尚且つ40%の金利は素晴らしいので興味はあるのですが、手数料体系が気になります。

こちらの商品は、年間積立総額金に約3%程手数料が掛かるようなのでそうすると最初のうちは積立金は少額なので知れてますが200万の3%は6万円になります。元本が大きくなってくると手数料負担もかなり上がって
くるのではないでしょうか。

そうなると40%の金利の効果も薄くなり国内の学資保険と変わりがないように思います。

ご回答宜しくお願い致します。

A(JACKの回答)
ご質問有難うございます。

この商品の支払手数料は大きく3つ御座います。

①年間管理手数料(年1.7%)②プラン手数料(月7ドル)③資産管理手数料(年1.5%)です。

JACKはこの商品に毎月500ドルを積み立てています。運用利回りを考慮せずに計算すると初年度は年間6000ドルですので年間管理手数料は102ドル、資産管理手数料は90ドルです。2年目は12000ドルですのでそれぞれ204ドル、180ドルになりますね。この計算でいくと15年で支払う手数料総額は23,040ドルになります。プラン手数料は15年で1,260ドルです。つまり15年で支払う手数料総額は24,300ドルです。

続いてロイヤルティボーナスです。これは1年目から10年目で拠出金の7.5%、11年目から15年目で拠出金の7.5%がボーナス付与されます。10年目までの拠出金合計は60,000ドルですので7.5%は4,500ドル、11年目から15年目の5年間は30,000ドルですのでボーナスは2,250ドルでボーナス総合計は6,750ドルです

15年で支払った総額は90,000ドルに対して140%保証は126,000ドルです。支払い手数料24,300ドルを引いて、6,750ドルのボーナスを足すと108,450ドルになり、単純計算で元本の120.5%の償還となります。この時点で国内の学資保険とは全く違います。

後はこれはあくまで最低保証ですので140%以上になる可能性も十分あります。それらを考えると国内の学資保険とは比べものにならないというのが私の考えです。

ちなみに月々の積立金が500ドル未満の場合は別途ビッドオファースプレッドが発生します。余裕があれば月500ドル以上で積み立てた方がお得です。

マネーリテラシーUP7日間メール講座

マネーリテラシーUP7日間メール講座への登録フォームはこちらから

〜コアメンバーからの声〜

・JACKさんの情報量と質は豊富な経験と勉強に裏付けされたものがあり安心できます

・内容が極めて実践的でわかりやすく信用度が高いです

・資産形成をするにあたって正確な知識が身についてきています

・親身になったアドバイスや資産を増やすヒントも数多く教えて頂いています

*メール講座終了後もセミナーのお知らせやメルマガ限定の情報配信を行います



 この記事へのコメント

  1. るはすや より:

    JACKさん
    ありがとうございます
    やはり正規代理店と契約する必要があるのですね
    ご質問に答えて頂きありがとうございました

    るはすや

  2. るはすや より:

    ご返答ありがとうございました
    海外口座憧れなんですけどね

    このファンドはUNION銀行通じて購入は出来ないのですか?

    • jack-invest より:

      るすはや さん
      オフショア金融商品の契約はIFAと呼ばれる正規代理店を介して行う必要があります。
      従いましてUNION銀行を通じての購入はできません。

      以上宜しくお願い致します。

      JACK

 COMMENT

関連記事

ITAエボリューションの途中譲渡案件が初めて入ってきました

各オフショア長期積立商品の今年の運用利回りはまずまずのプラスで終わりそうです

生命保険コンサルティング会社のマネーセミナーに出席して被害に遭う人が多発中

日本生命とインベスターズトラスト。学資保険として契約するなら?

インベスターズトラストのS&P500を検討する人が増えてきました

インベスターズトラストの証券は電子ポリシーでいつでもダウンロード可能